HOME>イチオシ情報>料金や種類をしって自分に合ったオフィス選びをしよう

内容も確認して適切な料金のオフィスを選ぶ

オフィス

起業する際には、レンタルオフィスを利用したいと考えている人も多いことでしょう。レンタルオフィスの相場は、エリアやサービス内容によって違いがあります。利便性の高いエリアになるほど、料金も高くなると考えておくと良いでしょう。東京での一人用のレンタルオフィスであれば、安いところで2万円程度、高いところでは10万円以上もします。都内でも大きな差がありますが、これはエリアだけの差ではなく、付加サービスも関係しています。レンタルオフィスによっては、受付が常駐しているところもありますし、会議室が利用できる、事務機器が設置されているところもあります。レンタルオフィスを利用する時には、ただ料金だけで比較するのではなく、仕事がスムーズにできるようなサービスも受けられるかもよく検討して選びましょう。

種類も色々ある

パソコン

レンタルオフィスを選ぶ時には、種類を把握しておくことが大切です。一般的なレンタルオフィスでは、机や椅子などを設置できる場所を専有することができ、会議室や事務機器などを共有しているような物件が多くあります。 一般的なタイプだけでなく、オフィスを他社と共有するシェアタイプもありますし、時間単位で利用できるオフィス、 オフィス機能だけを利用できるバーチャルオフィスなどがあります。希望するエリア内に、どのようなオフィスがあるのかをよく確認して、適切なレンタルオフィスを選びましょう。

一時的な仕事場としての利用

会議室

起業するときに、少しでも費用を抑えたいとレンタルオフィスを利用する人もいますが、サラリーマンが一時的な仕事場として利用する人もいるようです。会社と取引先との距離がある場合、いちいち会社に帰って仕事をしていたのでは、スムーズに仕事が片付かないことがあります。そんな人も、会社と取引先との中間地点にでもレンタルオフィスを借りることで、スムーズに仕事を終わらせることができるようになります。必要な事務機器も揃った物件なら仕事もしやすいです。

広告募集中