イメージ向上

私服の女性

オフィス移転をすることは、企業のイメージを変えるきっかけにも繋がります。オフィスは、建っている場所でも、そのイメージを変えることが出来るのです。たとえば、多くの一流企業が建ち並ぶ都会のオフィス街に建っていると、企業そのもののイメージを上げてくれます。更に、オフィスの設備を最新の物に変えて良くしたり、デスクや内装をおしゃれな物に変えると、新しい人材を確保することにも繋がります。そして、その効果は新しい人材を確保するだけではありません。既存の社員にとっても、良い効果をもたらすことになります。その理由は、まず窓からの眺望が、これまでとは違うということです。普段と違う景色を見ながら仕事をすることは、社員の気分をリフレッシュすることにも繋がるからです。そして、おしゃれな内装や高度な設備が揃うことで、社員同士のコミュニケーションにも繋がります。円滑に仕事を進めるためにも、社員同士のコミュニケーションは欠かせません。オフィス移転をすることにより、それまでは活気がなかったオフィスが、明るく活性化することが出来るのです。オフィス移転をする時には、移転する地域や設備、そして窓からの眺望などを意識することで、より従業員たちのモチベーションを上げたり、新しい優秀な人材を確保することが出来るので、オフィス移転の時には、それらに気をつけて決めることが大切です。

スケジュールが大切

ガッツポーズ

オフィス移転をする時には、スケジュールを作成することが大切です。新しいオフィスを選んでから、少なくとも3ヶ月以内には、すべての手続きを終えることが出来るのが理想的です。まず、急いで行う必要があるのは内装の工事を発注することです。そして、これまでの取引先へはできるだけ早めに連絡をして、新しいオフィスになることを伝えましょう。封書で知らせる時などは、分かりやすいように新しいオフィスの場所を地図に書いておくと分かりやすいでしょう。

移転する前に

女性

オフィス移転する時には、新しいオフィスだけではなく、退去するオフィスのことも考えておく必要があります。まず、解約予告は多くの場合は半年前には通知することが必要になりますが、オーナーによって考え方が違うので、移転を決めた時点で通知すると良いでしょう。また、なかには内装などをアレンジしている場合もあるでしょう。その時には、業者を頼んで原状回復することが大切です。そして、備品などの忘れ物がないことをきちんと確認して、退去するようにしましょう。

広告募集中